サプリの基礎知識

多くの種類が存在するサプリメント。購入前の基礎知識をご紹介!

スポンサード

サプリメントは本当に効くのか?

まずサプリメントの意味は「食事では不足しがちな栄養補充」というのサプリメントです。
現代人の食生活とは家族がそろって3食食べたり、夫婦で共働きしていたり食事の準備の時間すら取れずコンビにで高カロリーのお弁当を買ったりファーストフードの加工品をなどを 多く摂取しています。
そんな食生活をフォローする為や体内で生成されない栄養素の補充で飲みます。補充の食品ですからあくまでもメインにはなりません。

病気の治療や改善目的ではない食品です。サプリメントの意味を知らず使う事は危険ですので注意しましょう。
適切な飲み方や選び方をしなけらば効果はでません、人によっては低品質で体との相性が良くない物を摂取していたりもします。上質かどうかは金額では判断できないのです。

一番大事な点は、天然成分でできている事と有効成分の含有量です。
天然物とは自然界に存在している植物あるいは動物から抽出された成分などを原材料として使用している物です。
天然の成分はサプリメントの形にしても摂取した時に体に吸収される率が良く、
合成物質は吸収が難しいことから、天然成分が喜ばれています。
原材料が合成成分の場合、肝臓や腎臓にストレスになってしまうこともあります。

有効成分の含有量もチェックしなくてはいけないポイントです。
必要とする有効成分量が少なすぎても効果が出ず、
サプリメントを取る意味がなくなってしまうので十分確認して購入しましょう。

しかし何でも食べ過ぎると良くないのと一緒で大量に摂取し過ぎると過剰症なるものがあらわれるサプリメントもあります。
主な過剰症
ビタミンA・・・吐き気、めまい、頭痛
ビタミンD・・・食欲不振、吐き気
ビタミンK・・・吐き気、血圧低下

サプリメントによく書かれている
成分とその効果について

メニュー